伝統建築
伝統建築
伝統建築 > 日本建築の歴史 > 平安時代[後期]
平安時代[後期]

特徴

庇[ひさし]や隔[へだて]が発達し、内部空間の変化が起こります。
庇は、空間を付加する役目を果たし、
隔は、空間を分割する役割を果たしました。

庇[ひさし]
母屋(身舎)[もや]だけでは広さが足りない場合、外側にやや短い柱を立て、一段低く繋梁[つなぎばり]をわたして屋根を葺いたものです。
神社の流れ造りは、平入りの母屋の前面に庇を付けたもので、春日造りは妻入りの前面に庇を付けたものです。
それでも足りない場合は、さらに庇を付けます。
賢島神社本殿の場合は前後に庇を付け、宇治上神社拝殿では左右の妻に庇を付け、
京都御所紫宸殿では、四方に庇を付けています。

隔[へだて]
これも内部空間の発展の要因となったものです。
隔とは、間仕切りのことをさします。
時には内部空間を仕切る行為、仕切られた内部空間の一部をさすこともあります。
奈良時代の文献から、室相互も、庇との境も、すべて壁と板扉で閉ざされていたことが分かっています。
したがって、この頃には内部空間が仕切れていました。

この時代に起こった空間の変化

これまでは、主建築が主体の専有空間の性質をもっていました。
例えば、住居の内部空間は極めて閉鎖的で、就寝休息以外の用途に用いられることは、ほぼ困難でした。
いわば建物全体が塗籠でした。
しだいに、客体のために中庭や前庭がつくられるようになりましたが、完全な内部空間は造られていませんでした。ところがこの段階にきて、客体のための完全な内部空間が形造られるようになりました。
寺院の礼堂や神社の拝殿などがそうです。
これがだいたい平安時代後期と言えます。

寺院建築

仏堂のまえに前庇をつけたり別棟の建物を建てたり、礼拝者のための内部空間がつくられるようになりました。さらに、時代を経ると、仏堂と礼堂とが次第に一体化し、ついには一棟の建物の前方を外陣、後方部を内陣とよぶ形式に達します。これまでの時代と違って、ひとつの建物の中に、性質の全く違う部分ができました。

神社建築

神社でも礼拝者のための内部空間が成立しました。本殿の前に礼[らい]殿や拝殿を建てるようになります。正殿の妻壁と礼殿の妻壁はつながっておらず、両建物の間は吹き放しです。後に両建物の間に床が張られたり、屋根が葺かれたりしましたが、両建物が融合することはありませんでした。神社建築は、いまだに本殿と拝殿が常に離れた別棟として建てられいます。

代表的な建物

石清水八幡宮

八幡造り。切り妻造り平入りの二棟の建物をやや離して平行に並べたものです。正殿と拝殿はつながっておらず、両建物の間は吹き放しでした。

北野天満宮

権現[ごんげん]造りの原型としてよく知られています。本殿と拝殿をやや離して平行に建て、両建物の間は石の間と呼ばれ、外部と扉で区切られています。内部の床は石敷きの低い板敷きで、もともとは外部空間であったようです。

住宅

住宅についても寺院建築などと類似の現象が起こりました。
寝殿が、ハレの空間とケの空間に区分されるようになります。
ハレの空間とは、公式の場合に使われる表向きの空間。
ケの空間とは、プライベートな空間をさします。

寝殿造り

平安時代初頭の貴族の住宅様式のことです。
基本的な形は、中央に寝殿を置き、その東西に対屋(たいのや)を置くものでした。
また、寝殿と対屋は渡殿でつなぎます。
対屋からはそれぞれ中門廊を出して東西の中門を開き、南端に釣(つり)殿(どの)を配することもありました。
寝殿の南には池や築山のある庭が設けられました。

建具については、建物内部と外部は蔀戸で仕切られ、側面に出入り口としての妻戸(扉)が設けられました。
柱は素木のままで内部は板敷きで、間仕切りがありませんでした。
そのため、多くの屏風、几帳、円座、箱といった補助的な設備で間仕切りとしていました。
「間」を仕切る建具(明り障子、遣り戸など)積極的に取り入れられることにより、
書院造りの下地が出来たとも言えます。

間仕切りは、夜間、風雨の場合以外は基本的には解放されて使われていました。
間仕切りは、必要な時に開放するのではなく、必要な時に閉められたということです。
そのため、自然環境を生活に取り込む流動的な空間であったと言えます。
建具は、細かな材料を精密に組む必要がありました。
加工技術、道具の向上により、これらを実現させることができたのです。

寝殿
主人が普段居る所です。内部は板敷き、化粧屋根で広い一室になっていました。
ほとんどが柱だけで出来ていて、簾や几帳(T字型の家具に布をかけたもの)、壁代(幕)などを使って、
部屋を仕切っていました。

対屋
寝殿の北や東・西に建てられました。
主人の家族が住む所として設けられました。
寝殿よりも少々簡素に造られていますが、構成ははぼ同じです。

釣殿
池に臨んで設けられました。
釣を垂れるために作った室なので、釣殿とよばれました。
魚釣り以外に、納涼、遊宴にも使われました。

代表的な建物

京都御所の紫宸殿[ししんでん]と清涼殿[せいりょうでん]は、平安時代後期の形式を再現しています。

紫宸殿

御所の正殿。
天皇の即位式、立太子礼などの最重要儀式が執り行われた建物です。
南庭に面して南向きに建っています。入母屋造、桧皮葺の建物です。
間取りは、正面九間の母屋の四方に廂[ひさし]の間を設けたものです。

外部との仕切りに、四隅と北廂中央に妻戸を開く他、柱間に一枚の大きな蔀[しとみ]戸が設けられ、
昼間は内側に釣り上げて開いていました。
内部の仕切りとして、母屋と北廂の間の境に障子を設け、母屋と西廂の間は壁で仕切られていました。
この障子は、現在は明かり障子ですが、元は、絹布を貼った可動式の嵌め込み式の板壁で室[しつ]礼[らい]として用いられました。
したがって、時に応じて設置されるものでした。
絹布に賢聖を描いていたので、[賢聖の障子]ともよばれます。

妻戸[つまど]
妻戸とは扉の事で、建物に対して、妻のような役割からそう呼ばれました。
紫宸殿の妻戸は、二枚の板を接ぎ合せ、裏桟の替わりに上下に端喰[はしば]みという細長い台形の横板を入れて板を固定したもので、手のこんだ作りとなっています。

蔀戸[しとみど]
蔀戸とは格子を組み間に板を挟む板戸で、水平に跳ね上げて開いて使っていました。

清涼殿

入母屋造、桧皮葺の建物です。
中央の母屋には天皇の休憩所である御帳台[みちょうだい]があります。
その手前には2枚の畳を敷いた昼御座[ひのおまし]があり、ここは天皇の公式の執務場所です。
母屋の北側[建物正面から見て右側]には四方を壁で囲われた夜御殿[よんのおまし]があり、
これは天皇の寝室です。
この他にも細かく仕切られていますが、建具の使用状況は紫宸殿と同じようなものでした。
側面と塗篭めに妻戸を設け周囲は蔀戸を釣っていました。
塗篭めは、周囲を厚く土壁で塗りこめた部屋で、納戸や寝室として使われました。
この他、東孫廂[まごひさし]の見通しを遮るために障子が置かれてました。
この障子は衝立てで、漢の武帝が水軍訓練のため、長安城の西に掘らせた昆明池を描いた衝立てである。
そのため、[昆明池の障子]とも呼ばれています。
さらに、春夏秋冬の儀式を描き上げた年中行事障子[衝立障子]が、殿上の間の戸口の前に置かれていました。

清涼殿の母屋の中ほどには壁と板扉で周りを囲み、内部に几帳、衣架、灯台、神器などを置いて天皇の寝室としました。
この隔は塗籠[ぬりごめ]とよばれることもあります。

障子
障子とは、古くは間仕切りの総称でした。
つまり、衝立、屏風[びょうぶ]、簾[みす]、几帳あるいは、室外との仕切の唐戸[扉の一種]、舞良戸[板戸の一種]、蔀戸等をさしました。
障とは、間を遮るという意で、子は小さいものや道具につけられる接尾語。

塗籠[ぬりごめ]
塗籠はほとんど寝室として用いられています。
一般住宅に塗籠が作られるようになるのは平安時代中頃からです。

建具

ふすま障子の誕生

清涼殿に有名な「荒海障子」があります。この唐風の異形の怪人を描いた墨絵の障子は、衝立て障子ではなく、
引き違いの障子、すなわち襖障子であったと見られています。
これが、最古の引き違い戸の襖障子です。

「賢聖の障子」と同時に立てた「障子戸」は、延喜年間(901〜914年)であると推定されています。
これが、ふすま建具の誕生です。
可動式の(取り外し可能な)板壁の建具技術は、湿度の高い日本の風土から必然的に生み出された工夫であり、
唐様式にはない実に革新的な建具技術でした。
敷居と鴨居にそれぞれ一本の樋(溝)を設け、鴨居の溝を敷居の溝よりも深く彫る事によって建具を落とし込み、
必要に応じて取り外すことができるように工夫されました。
技術的には、固定式の壁や扉様式建築に比較し、革新的なものでした。

しつらい
しつらい(室礼、舗設)とは、元来晴れの儀式や請客饗宴の日に、寝殿の母屋や廂[ひさし]に調度を整え、
飾りつける事を言います。
当初は、天皇の御座所を指したらしいのですが、やがて、寝殿造りの貴族の邸宅にも、室礼が設けられるようになりました。
それまでは、いろんな役割を果たす大きな大広間形式をとっていましたが、
内部空間を間仕切る建具の発明により、特定の機能目的を備えた小空間が独立していくようになります。
これにより、寝殿造りの住宅の公と私の明確な分離がおこり、住まい方に大きな変化をもたらしました。
建具の発明により、建築様式に改革が起こったと言えます。

遣戸、舞良戸の誕生

遣戸、舞良戸は、周囲の框[かまち]に入子板を張り、舞良子(桟)を取り付けた板戸です。
妻戸を軽量化した発展的形態と考えられます。
軽量化された舞良戸は便利な建具として、さまざまな意匠が工夫され、開き戸や引き違い戸として多用されていきました。
舞良子(桟)は、片面又は両面に、横桟または縦桟として、等間隔や吹き寄せなど、さまざまな意匠を工夫して取り付けられました。

敷居と鴨居を設けて樋[とい](みぞ)を彫った、可動式の板壁の発明により、建具技術は一気に発展しました。

ふすま障子の当初の形態は、板戸に絹布を張り、唐絵や大和絵を描いたものだったそうです。
しかし、建具を軽量化するために、框に組子を設け両面に綾絹を張るようになり、
それが襖建具の誕生と考えられています。

一方遣戸は、外回りの隔て建具として使用され、妻戸を軽量化した発展的形態と考えられます。
遣戸は開閉自在だったため、湿度の高い日本の風土にとって土壁に代わる革新的建具でした。

遣戸という言葉は、それ自体が引戸の意味ですが、襖障子や明かり障子は含まず、引き違いの舞良戸を意味していたようです。

明かり障子の誕生

平安時代後期になると、引き違いの格子戸が広く使用されるようになりました。
黒漆塗りの格子戸を引き違いに使ったり、嵌め込み式に建て込んだ間仕切りを使ったりしていました。
1053年に藤原頼通が建立した平等院鳳凰堂は、四周の開口部には扉を設けていますが、
その内側に格子遣戸も設けています。
このような格子遣戸の用い方は、隔ての機能を果たしながら、採光や通風も得る事ができるという役割を果たしています。
この機能的特長から、明かり障子の前身とも言えます。

明かり障子の誕生は、平安末期頃です。
平清盛の六波羅泉殿は、従来の寝殿造りとはかなり異なり、間仕切りを多用した機能的、合理的工夫が見れます。その中でも、明かり障子の使用は、画期的な創意工夫でした。
室外との隔ては、蔀戸や舞良戸が主体であり、開放すると雨風を防ぐ事ができず、不便でした。
採光と隔ての両機能を果たすため、簾や格子などが使用されていましたが、
特に京都の冬場は底冷えがひどく、寒さをしのぐのが大変でした。
室内では、屏風をめぐらし、几帳で囲み火鉢を抱え込んでいたと言われています。

そんな中、隔てと採光の両機能を充分に果たし、しかも寒風を防ぐ新しい建具として、明かり障子が誕生しました。
明かり障子のみでは風雨には耐えられないため、舞良戸、蔀、格子などと併せて用いられました。
六波羅泉殿の寝殿北廂の、外回りには明かり障子が三間にわたって使用されました。

この時代の明かり障子の構造は、四周に框を組み、太い竪桟二本に横桟を四本わたし、片面に絹または薄紙を貼ったものでした。
また、襖障子と同じように、引手に総が付けられています。
框に細い組子骨を用いる現在のような明かり障子に至るには、さらに時間と技術改良を必要としました。

最古の明障子

明障子は壊れやすいため、現存するものは余りありません。
1380年の東寺西院大師堂の再建当時のものとされている明障子が、最古のものと言われています。
上下の框と桟も同じような幅でできており、縦桟と横桟を交互に編み付ける地獄組子となっています。
桟の見付けと見込みもほぼ同じ寸法でできています。

子持ち障子

一本の溝に二枚の明障子を引き違いにしたものを言います。
元興寺の鎌倉時代の禅室の明障子は、一本の溝に二枚の明障子が引き違いになっています。

一本の溝に二本の障子を入れ、それをきちんと引き違えるために工夫がされています。
召合わせの縦框はそのままにして、柱側の縦框をほぼ溝幅に合わせて作ってあります。
こうすると明障子は外れることなく、引き違うことができるのです。
子持ち障子は、東福寺竜吟庵方丈(禅宗方丈建築の最古の遺構)にも使われています。
ここでは、一本の溝に四本の明障子が立てられています。
中央の二枚が上記の方法で引き分けられ、外の二枚はめ殺しとなっています。

広告