伝統建築
伝統的工匠
伝統建築 > 伝統的工匠 > 石工
石工

石工

石工 (いしく) とは、石材を加工したり組みたてたりする職業のこと。

人類文明の初期からある職業のひとつとして知られる。
自然石は、木材と並び、最古の建材のひとつである。
奈良時代には、石匠が存在していました。
石は頑丈で長持ちはするものの、加工が難しく、手間のかかる建材であったため、土木的分野で使われてきました。
わが国における各時代において、石は、城壁・宗教施設・護岸・道路・橋梁など、
特別重要な分野で使われてきました。
石工は、そういった仕事にかかわる専門的な職業として、古くから確立されていた。

for English
目次
石工の歴史

現代の石匠

老舗 石材店

石工の歴史

古墳時代

石室や石棺に始まった石工の技術は、水路としても利用されていた幅5mの大溝や
木樋と石組みからなる導水施設などの遺構で確認されています。

奈良時代

「正倉院文書」の中には「石丸子人足」の名がみえて、石匠が存在していました。

平安時代

平安時代の石匠は大寺に所属していた木工大工の下に属し、石匠としての独立性はありませんでした。

鎌倉時代

鎌倉時代になると、石工が社会的に認められた職業となりました。
石造物には、石大工と称する銘が刻まれるようになり、流派が発生しました。
伊派と呼ばれた石工の流派が活躍していました。

室町時代

室町時代には、石匠の流派は、世襲制をとるようになり、徒弟制度が確立されました。
また、石工細工として、梵字を彫る特技をもった石工も現れました。

安土桃山時代

安土桃山時代に築かれた安土城では、延暦寺の石組みを行っていた石工職人が使われた。
石工の技術は、石橋の建設等が行われる程高くなりました。
熊本城の武者返しと呼ばれる、美しい扇勾配を持つ石垣など、技術の高さを示す建造物が残されています。

江戸時代

江戸時代になると、石匠の社会的地位は向上しました。
江戸時代中期になると、大型の像や塔が造立されるようになりました。
石屋ができ、原石を建立地に取りよせて作る方法と、採石場に出向いて作る方法が確立されました。
また、既製品を売る商売的職人が現われました。

 
広告