伝統建築
伝統的工匠
伝統建築 > 伝統的工匠 > 塗師
塗師

塗師

漆を塗る職人。 塗師(ぬし)とは、江戸時代以前から用いられた漆職人の総称です。
漆塗りの職種では、分業制が取られており、塗師(ぬし)とは、生地師(きぢし)や蒔絵師(まきえし)などに対して特に漆を塗る職工に用いられます。

for English
目次
塗の歴史

現代の塗師

老舗 漆店

塗の歴史

縄文時代

大陸より伝えられる漆器は、日本において縄文時代にはすでに広まっており、その種類も生活用具だけでなく、仏具、武器、文房具など多岐に及んでいました。

奈良時代

漆地に金粉を散りばめたように見える、末金ろ(蒔絵)が生まれました。

平安時代

末金ろ(蒔絵)の技法は平安時代へと受け継がれ、発展して、やがて研出蒔絵や平蒔絵が完成されました。

蒔絵

漆で文様を描き、金・銀・スズ・色粉などを付着させた漆工芸のことです。
技法上から研ぎ出し蒔絵・平蒔絵・高蒔絵に大別されます。
絵以外の地の装飾としては、梨子地(なしじ)・塵地(ちりじ)・平目地・沃懸(いかけ)地などがあります。
奈良時代に始まり平安時代に完成された漆工芸の代表技法です。

蒔絵師

蒔絵師とは、蒔絵の技術をもって、漆工芸品を作る職人のことです。

鎌倉時代

鎌倉時代になると、高蒔絵、平目地(平目粉)、沃懸地、付描き、銀平文の併用技法等が確立され、蒔絵が完成されました。また、螺鈿技法が完成しました。

室町時代

室町時代になると、加飾技法や塗漆技法においては、肉合研出蒔絵、梨子地、針描、梨子地粉なぞ、様々な技法表現により、複雑化された蒔絵を生み出しました。
また、時代を反映して、唐絵の影響を受けた文様が用いられました。
この頃には寺院や貴族などが、特定の蒔絵師をかかえるようになります。

安土桃山時代

桃山時代は、新しい技法の興隆期であり、加飾技法や塗漆技法においては、 絵梨子地、片身替わり、秋草文様(高台寺蒔絵)が生まれ、近世意匠が確立されました。
また、南蛮蒔絵、葡萄唐草、や李朝螺鈿の影響を受け、薄貝の螺鈿が生まれました。
密陀絵には、白、中間色の表現が用いられるようになり、色漆絵が生まれました。
黄漆が作られるようになりました。
安土桃山時代の京漆器は、新しく台頭してきた武士階級の趣味や好みを色濃く反映したものとなり、大変華麗なものでありました。

江戸時代

江戸時代に入ると、こうした豪華さ華麗さの中にも繊細で緻密な趣を持つものが目立つようになります。
嵯峨蒔絵や光悦などの作品を生み出しました。

 
広告