伝統建築
伝統的工匠
伝統建築 > 伝統的工匠 > 左官
左官

左官

百済から仏教建築の技術者が、渡来し、壁塗り技術をもたらし、
彼らの指導の元、飛鳥寺(法興寺)の建設が行われた。
壁塗り工事には、「塗り大工・壁大工・かべだいこう」が携わった。
また、土工・白土師・石灰工と呼ばれる職業の人々が、瓦や石灰の製造に携わった。
これらの人々を、指揮監督する、土工司(つちのたくみのつかさ)という職位が出来ました。
奈良時代の律令制度には、四等官制度が敷かれており、建築仕事を司る木工寮に属(さかん)という役職があり、この属の役人が宮中の修理に壁塗りをしていたことが現在の左官の語源だと言われています。
律令制度を制定された聖徳太子が組織した職位であり、建築の「木」に関わる職を「右官」、「土」に関わる職を「左官」と呼んでいた。

for English
目次
左官の歴史
左官工事

現代の左官

老舗 左官店

左官の歴史

縄文時代

人々が暮らす竪穴式住居における、土塀が左官工事の始まりです。 土は最も手に入れやすい素材で、その土を生のまま団子状に丸めて積み上げていき土塀を作ったのが左官工事の始まりです。

飛鳥時代

飛鳥時代になると、土工・白土師・石灰工と呼ばれる職業が登場し、土工司(つちのたくみのつかさ)が中心となり、石灰を使った日本最初期の壁工事が行われた。
飛鳥寺の造営まで、左官技術による、石灰を使った壁は造られていない。
これまでの左官技術は、原始的なもの土壁で、専門的な知識を要する壁工事はなかった。
土に関する仕事は、土工司(つちのたくみのつかさ)が中心となり、土工・白土師・石灰と呼ばれる職人が、工壁塗りの他に製瓦や石灰焼きまで行なった。
この時代、金具師に曲玉に擬した鉄のヘラを打たせて職具にしたのが塗り師と捏ね師の始まりであります。

壁、白壁の確立

赤土に石灰を混ぜた土塁を完成させたのが白壁の始まりです。
白壁は貝殻や石灰石を焼いた貝灰や石灰(いしばい)に、スサや糊分を加えたもので、これを漆喰と呼んでいる。

奈良時代

奈良時代初期の壁工事の仕上げは、主に白土(白粘土)が上塗りとして用いられたが、土工司が登場し、左官材料や工事施工が管理されるようになると土工司は独立して石灰の製造を司るようになる。
「土塗」という職名がありました。

平安時代

平安時代の城郭や貴族の屋敷が形を整えるに従い、左官は「属・さかん」から「目・さかん」と呼ばれるようになり、大目・中目・小目と技量に よって分けられ、左官は番匠(大工棟梁)桧皮工(屋根職)鍛冶につぐ4番目に位置するようになる。

鎌倉時代

鎌倉時代になると屋内の機密性と堅牢性に加え耐火性が要求されるようになる。
このころから左官工事を必要とする建築物は、寺院や官衛建物に限らず、左官工事の発展と共に壁の工事は住宅内にも広がる。
燃えやすい校倉や板壁の倉庫から、火災に強い土蔵形式に変化し、京都で土倉(どそう)と呼ばれる建物が登場した。

室町時代

茶道の発達に伴い数奇屋建築が登場する。
日本独自の建築である茶室は、聚落壁や西京壁、大津壁などの風流、静寂、素朴な、特殊な技術を必要とする左官技術を、生むことになります。

安土・桃山時代

本格的な左官工事は上流階級の建物に限られ、白土や石灰や高価な糊(米粥)を使う建築は、庶民の住居には見られない。
この頃の民家は、土肌のまま荒壁同然の仕上げであった。
貴人の館でも色壁は見られない。

桃山時代に鉄砲が伝来すると築城に大きな変化が生じ、城は石組・塗り壁・瓦葺きとなり、外壁は防火や防弾を目的とした厚い上壁で施工されるようになる。
大工・左官・石工の技術を結集した、七重の天守閣を持つ安土城が築城されていた。

江戸時代

江戸時代になると、壁塗・壁屋・左官などが登場し、幕府の文書には壁方の職名も見られる。
京都では川砂を使う左官が多いので砂官が語源だという説や左冠、壁屋という、左官の職名が混在している。
都市部の発達による、木造家屋が密集する都市おいて、大火災が大きな問題となった。
諸大名は、火災に備え大工や左官を「お抱え」という士分格に取り立てて家臣団に組み、「お抱え左官」という身分ができました。

左官工事技術の確立

城郭建築が下火となると、石灰(漆喰)に油を混入する油硴漆喰(ゆがきしっくい)の方法が考案された。
壁の彩色は、本格的な左官工事の始まりです。
壁材の粘着性が考慮され、米粥に変わる安価な海藻糊が登場する。
これが技術革新の引き金となって日本の左官技術は最高潮を迎える。

 

左官工事

土壁

日本家屋の壁。
竹などを格子状に編んだ小舞下地(こまいしたじ)の両面に、藁(わら)を混ぜた土を塗り重ねる土壁。
消石灰・麻等の繊維・糊でつくった漆喰が用いられるが、それらの仕上げに欠かせない下地壁で荒壁とも言う。
土蔵の外壁や鏝絵など、技術を芸術的領域にまで昇華させる入江長八等の職人も現れた。

土塀

日本の土塀(どべい)は、粘土質の土や泥に、石灰とフノリに加え、ナタネ油、水、藁などの天然素材だけで作られた伝統的な塀である。
赤土にナタネ油を混ぜて作った土塀は特に油土塀と呼ばれることもあり、通常のものより強度が高く、耐候性にも優れる。

漆喰

戦国時代に城郭(じょうかく)建築のために日本独特の漆喰工法が確立されました。
漆喰は消石灰にふのりや苦汁(にがり)などを加え、糸屑・粘土(ねんど)などを配合して練ったもので日本独特の塗壁材料です。
漆喰は、石灰に海草糊やスサ(麻の繊維や紙などを細かく切ったものまたは川砂)を混ぜてペースト状にしたものです。
石灰はカキの貝殻などを粉にしたものを混ぜたようです。

漆喰は顔料を混ぜることによって自由に色を出すことができることから、色鮮やかな鏝絵(こてえ)や漆喰彫刻そしてフレスコ画が建築装飾として生まれたのです。

漆喰が城に使われたのはその優れた防火性と耐久性のためです。
江戸時代には裕福な商人屋敷の土蔵や神社仏閣に使われるようになりました。

黒漆喰

漆喰に灰墨を混ぜる。

赤漆喰

漆喰に赤い顔料を混ぜる。

 
広告